本文へスキップ

ノンコメドジェニックテスト済みとは

見出ノンコメドジェニックテスト済みとは | ルナメアAC

ノンコメドジェニックテスト済みとは

●何が違うのか?
テスト済みとそうじゃないものの違い
ルナメアACのファイバーフォーム、スキンコンディショナー、ジェルクリームの3製品ともすべてノンコメドジェニックテスト済みとなっています。

この「ノンコメドジェニック」とは一体何なのでしょうか。

コメドというのはニキビを英語に訳したものなのですが、日本語でコメドというと角栓を表すことが多いようです。

角栓は毛穴に詰まった皮脂や角質が固まって出来たもの。この角栓が毛穴を詰まらせて炎症が起きてニキビが発生することになります。

さてノンコメドジェニック。ノンコメドジェニックというのは毛穴を詰まらせにくくニキビが出来にくい成分を使用した製品のことを指す言葉です。

これに対してルナメアACの製品ではノンコメドジェニックテスト済みとなっています。

実はノンコメドジェニックとノンコメドジェニックテスト済みはまったく違う意味のものになります。

ノンコメドジェニックテスト済みのテストというのは顔や胸、背中、首などの同一部位に対して48時間に渡って閉塞適用処理を1週間の間に3回行ってこれを4週間続け、そしてその後閉塞適用処理をした部分の皮膚を剥がして各層にどれくらいコメドが出来ているのかを数えるテストのことを言います。

このテストをクリアした製品だけにノンコメドジェニックテスト済みという表示が許されるのです。

つまりノンコメドジェニックはただ単にニキビが出来にくい成分を使用しているだけということで、ノンコメドジェニックテスト済みとは安全性や信頼性に大きな差があることになるのです。

いかでしょう。ノンコメドジェニックについてお分かり頂けましたか?



富士フイルム ルナメアAC関連記事
トップページ
ファイバーフォーム
スキンコンディショナー
ジェルクリーム
ルナメアAC激安購入
ノンコメドジェニックテスト済みとは